クシャおしまいw

ということでクシャトリヤをHPにアップしました!
HGUCながらMGに近いサイズで
作業量も1/144の作品の中では過去最高だと思います^^;

UCジオン系の難所?、エングレービングは
初めて使ったシタデルカラー(ホワイトね)で仕上げましたが
なかなか上手くいったと自画自賛ですw

up撮影後、頭部のアイスリットをゲルググ風に修正したり
連邦タイプのサーベルをうっかり白で仕上げてしまい
ジェガンカラーの淡青緑に修正したりと、最終型の画像ではありませんが(汗、
ご覧くださいね^^

スポンサーサイト

スミマセン、、、

3月は、もう忙しくて忙しくて・・・(汗。
コメントやメールの返信が遅くなってホントにスミマセンm(_ _)m

クシャのアップも放置しちゃってごめんなさい。
とりあえず1枚です!
ksha012.jpg

クシャその10

どうも、ご無沙汰です^^;
いやその3月はスゴく忙しくてスミマセン、汗。

で、クシャはちょっと前に完成しましたw
アップ作業も終わっているので
次回の更新で公開しますねー

ということで最後の途中画像です^^
kshawk101.jpg

kshawk104.jpg

kshawk102.jpg

クシャその9

クシャは、ただいま塗装中ですが
製作環境をリニューアルしてから、はじめての塗装作業なので
ハンドピースなどの配置・使い勝手にまだちょっと慣れない感じです^^;

で、途中画像でプラバンのディテup方法をもう少し詳しく、、、
というリクエストがあったので、ちょっとアップしてみましたw

kshawk057.jpg足裏で左がキット、右が改修途中のくり抜いたヤツ。

最新のキットとはいえ、やはりHGUCなので足裏はワンパーツ。
4連バーニアはアッサリとしたモールドだし、塗り分けも大変・・・。
ということで、とりあえず右のように4連バーニアの部分をゴッソリ削除w

中身の作り方は・・・、
kshawk059.jpg(パーツ一式)
まず、くり抜いた開口より少し大きめのプラバンをカット(底板になるパーツ)。
この底板は直角や平行をそんなに気にしなくても大丈夫。

で、底板に壁を建てる要領で箱を作ります。←でたアバウト解説w
壁を建てるときに直角・平行を作るけど
厚めのプラバンやL型のプラ棒だと作りやすいですよー

kshawk060.jpg(横方向の壁を建てたところ)
細切りプラバンは隙間を埋める材料ですw

kshawk061.jpg(縦方向と中身を取付)
丸いプラ棒はアルミパーツをシッカリ取り付けるための軸受ねw
この箱にアルミパーツのバーニアを組み込んでオシマイです!

kshawk062.jpg(左がキット、右が改修後)
仮組みだけど、完成するとこんな感じw
立体感が出たし、塗り分けも楽になって良かった良かった、、です^^;

クシャその6

クシャの撮りためた途中画像を編集中ですが
腰痛で機動力が激しく低下中です・・・(汗。
(これ以上、悪くならないように気を付けよっと、、)

kshawk026.jpg
今回は襟のディティールアップです!

こちらも前回の肩と同様に
基本プラバンの切った張ったですねー

kshawk025.jpg
別の角度からもう一枚。
厚さや大きさ、違う形状(○、L、[ 、などなど)を組み合わせて
短調なデザインにならないように注意しています^^;

ではまた~
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。